×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職と自己PR

転職と自己PRについて

メニュー| 志望動機 | 書類選考 | 職歴や実績からスキルや能力を評価 |

書類選考

書類選考

資格があれば就職や転職のときに心強いアピールポイントになることは確実です。しかし履歴書に書けるような資格がなくともそれほど心配する必要はないようです。

当然のことながら、資格があるに越したことはありません。ただ、弁護士や公認会計士、税理士や医師などを別にすれば、資格が絶対的な効力を持っているわけじゃありません。資格さえあれ就職や転職は100%希望が叶うというわけではありませんからね。

就職や転職に役立つ資格も多いのですけどね。どれがいいのかはしっかり調べてみないといけません。

資格を持っていれば就職や転職の際に有利になるでしょう。でもそれは入社するまでの話です。入社したあとは実際の仕事で自分の能力を示していかなければなりません。

転職で採用されるという場合は、中途採用ということになりますから、ある程度の職務経験を要求されるでしょう。その点、新卒採用の場合は可能性を見てもらえるので気楽といえそうです。

求人をしている企業は、あなたの職歴や実績からスキルや能力を評価していきます。そしてその企業の求める採用基準を満たしているかどうかを分析するわけです。

自己分析をして自分の興味や自分の能力・スキル・経験・実績をすべて書き出しておきます。それから業界や業種、職種や企業について情報収集します。そうすると自ずと自分にあった職場、「自分のいるべき場所」がみえてきます。そこで初めて履歴書や職務経歴書を書き始めます。すでに自己分析は終わっているので履歴書や職務経歴書のネタには困りません。

募集要項をしっかり読んで見ます。これは当たり前のことですね。募集要項を見るだけでもかなりのことがわかります。そしてさらに疑問に思ったことを調べたり、また採用担当の人に質問したりして解消していきます。それでその会社に応募するかどうかを決めます。

企業もあなたの情報を分析してきます。企業側は多くの履歴書や職務経歴書を見ていますから、書類を見ただけでこの人が、自分たちが採用したい人材なのかはすぐにわかります。それは、自分たちが求める人材を判断するチェックポイントを理解しているからです。

企業は履歴者や職務経歴書を見つつ書類選考するわけですが、この書類選考が最大の難関かもしれません。だって、この段階でいっぱい落とすでしょうから。転職活動では履歴書や職務経歴書は大事になってきますね。志望動機もしっかり練られたものでなくてはなりませんね。

転職。リスクは当然ありますが人生を変えることもできます。

現代社会において転職に関する知識を持つことは必須でしょう。なぜなら昔のように会社はサラリーマンを大事にしてはくれないからです。一つの会社にだけ頼らなければならないとなると、会社側はどこまでもあなたの足許を見てくるでしょう。そこまで会社のために働いても、会社は会社の都合であなたを捨てます。リストラです。だから自ら進んで転職知識を獲得し、選択肢を増やしておくことは必要なんです。

[PR]下半身ダイエット部分やせ 太もも