×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職と自己PR

転職と自己PRについて

メニュー| 志望動機 | 書類選考 | 職歴や実績からスキルや能力を評価 |

志望動機

志望動機

求職をする場合に資格を持っているのと持っていないのとでは大きな差が出るのかと思いきや・・・それほどでもないようです。まあ、資格によって差がついてしまうのは確かですけど。

資格はもちろんあるに越したことはないと思いますが、言うまでもなく弁護士や公認会計士のような職業においては有資格者でなければ仕事はできません。勘違いして欲しくないのが資格があれば仕事に就ける、もしくは仕事がうまくいくということではないということです。

まあ仕事に使える資格といっても色々ありすぎて迷ってしまうのですけど。

アメリカではMBAを持っているだけで給料が他より高くなったりするそうですが、日本ではどうなのでしょう?学歴もあまり効果がなくなりましたし、資格もそうかもしれません。何を持つかより何ができるかなのでしょうね。

転職における採用とは、相手企業とのマッチングです。ポジションに応じた採用基準に照らし合わせて、自分がマッチングが取れているかどうかが決め手になります。

求人をしている企業は、あなたの職歴や実績からスキルや能力を評価していきます。そしてその企業の求める採用基準を満たしているかどうかを分析するわけです。

いきなり履歴書を書こうとしても何だか白々しいものしかかけません。自己分析と業界や職種・企業に関する分析、これをして初めて自分がどこで働くべきかわかってきますしそうすると明確な志望動機も書けるようになります。これはもう本心からの志望動機ですから威力があるわけですね。履歴書に書いても、面接でも。

求人広告に出ている募集要項では情報は少ないとはいえ、まずはこの募集要項をしっかりみてみるべきでしょうね。そうするといろいろ疑問がわいてくるでしょうから、それをネットで調べてみる。それでもわからなければ採用担当者にメールや電話で質問してみるのがいいでしょう。それだけで一歩抜きん出ることができそうです。

あなたは企業の情報を集めますね。企業もあなたの情報が欲しいわけですが、それはまず手始めに履歴書や職務経歴書ということになります。書類審査というわけですが履歴書は職務経歴書であなたの情報を分析して採用候補に入れるかどうかを決めます。

就職・転職というと面接が難しいな、と思うかもしれませんね。実際に採用担当者と会うのですから。しかし難しいのは書類選考に通ることです。履歴書や職務経歴書、添え状などによる書類選考ですね。ある会社はこの段階で9割をふるい落としてしまうそうです。それを考えると履歴書や職務経歴書に書く内容、志望動機や資格・職歴などは最善の注意を払うべきポイントなんですね。

就職転職は結局のところどう考えればいいのでしょうか。

就職や転職をする場合は志望動機がはっきり固まっていないと、就職・転職活動のすべての段階で自分の言動に信念がこもらないことになります。基礎が軟弱であるということですね。これでは就職・転職活動のすべての段階で成功の可能性を減じてしまうことになります。まずは自己分析をしっかりやって、それから起業や仕事に関する情報を集めることが必要でしょう。そこから確固たる志望動機は出来上がってきます。

[PR]顔痩せ 方法ネット株初心者